東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 歯科医師(北区)―

吉野 晃 院長/吉野デンタルクリニック(田端駅・歯科)の院長紹介ページ

吉野 晃 院長

AKIRA YOSHINO

高レベルのチーム医療を提供するスペシャリスト集団が、あらゆるお口の症状に対応

大学卒業後、大学院に進学。インプラントの先駆者だった恩師の指導のもと研鑽を積む。大学病院を辞めた後、田端駅より徒歩2分のこの地に吉野デンタルクリニックを開業。

吉野 晃 院長

吉野 晃 院長

吉野デンタルクリニック

北区/東田端/田端駅

  • ●歯科
  • ●歯科口腔外科
  • ●矯正歯科
  • ●小児歯科

インプラントの先駆者だった恩師のもとで研鑽を積む

吉野 晃 院長

子どもの頃から白衣に憧れがあって、大学は医学部と歯学部を受験しました。結果は、歯学部には合格したけれど、医学部は不合格。当初は浪人することも考えたのですが、周囲から「手先が器用なので歯科医の方が向いている」と勧められたこともあって、歯科の道に進むことに決めました。
実家は、ここ田端で祖父の代から続くお菓子問屋で、言うなれば「虫歯をつくる」仕事(笑)。その三代目である私が正反対の「虫歯を治す」仕事に就いたわけですから、皮肉と言いますか、運命のようなものさえ感じます。ただ実際は、すべてが正反対というわけではなく、職種は違っても同じサービス業ですから、仕事をするうえでのノウハウのようなものは祖父や父が働く姿を通じて自然と学ばせてもらったと思っています。
大学卒業後は大学院に進学。臨床と研究どちらにも携わりたかったため、口腔外科を選びました。その頃は、午前中は手術をこなして午後からは研究といった具合に非常にハードでしたが、インプラントの先駆者でもあった恩師の指導のもと、大変充実した時間を過ごすことができました。その後、恩師が亡くなられたのを機に大学病院を辞めまして、地元でもあり、JR田端駅北口より徒歩2分とアクセスの良いこの地に歯科・小児歯科・矯正歯科・歯科口腔外科の吉野デンタルクリニックを開業し現在に至っています。

各分野のスペシャリストが集結、高レベルのチーム医療を実践する

吉野 晃 院長

当院には、歯科医師が8名、歯科衛生士が7名、そのほかにも数多くのスタッフが在籍しています。たとえば歯科医師で言うと、それぞれが小児歯科、歯周病、麻酔など各分野におけるスペシャリストであり、そうしたスペシャリストたちが結集して実践される、高いレベルのチーム医療が、当院のひとつ大きな特徴となっています。
いわゆる街の歯科医院でありつつも、さながら“プチ大学病院”のような体制を整えている当院ですが、実は大学病院と同じように、朝と夜には症例検討会も行っています。最近では「セカンドオピニオン」という言葉がだいぶ定着してきましたが、ひとつのクリニックの中で、セカンドと言わず複数の意見の交換が活発かつ日常的になされる。高いレベルでのチーム医療とともに、そうした点もまた治療の質ならびに患者様の安心・安全の向上に寄与しているとの自負を持っています。
また、メンバー同士は研究グループを形成したり学会に参加するなどして、常に切磋琢磨に努めています。そうした日々の研鑽によって個々のスキルはさらに高まり、それがひいてはクリニック全体のレベルアップにもつながるといった好循環も生まれています。

すべては咀嚼機能を回復させるために。インプラント以外にも多様な選択肢を提示

吉野 晃 院長

当院には各分野のスペシャリストがそろっているとお話しましたが、院長である私自身はどんな症状にも対応することのできるスーパードクターでありたいと思っており、実際に日々の診療においても、分野を限定することなくオールマイティに診させていただいています。ただし、その中でも特に、大学院時代の研究テーマでもあったインプラントにはやはり強い思い入れとこだわりがあります。
大学の口腔外科に在籍していた頃には、癌を始めとした大きな手術などもたくさん経験したわけですが、今現在行っているインプラント治療というのは、そうした経験を積み上げて辿り着いた結果に他なりません。と同時に、口腔外科では親知らずの抜歯がよく行われるのですが、実はこれこそがすべての手術の基本になっていることも申し添えておきたいと思います。
確かに、インプラントには強いこだわりを持っていますが、私が目指しているのはインプラントを成功させることではなく、あくまでも咀嚼機能を回復させること。そのためなら方法は何でも良いと考えていて、ここ10年間は総入れ歯の勉強をしています。インプラントと入れ歯は、手段としては取捨選択・対立関係にあると見られがちですが、咀嚼機能を回復させるという目的自体は同じ。天然歯をできる限り残すことを大前提にしつつ、多様な選択肢を用意・提示させていただいています。

患者様の立場に立ちつつ、プロの立場から正しい医療をお伝えする

こちら側の理論を一方的に押し付けるのではなく、患者様の立場に立ち、そのご希望をしっかりと伺うことはとても大事なことです。歯科医師もまたサービス業であるという認識が定着しつつある現在、おそらくは多くの先生方が同様のことをおっしゃるのではないでしょうか。
しかし一方で「サービス業」という言葉が曲解されているようで、患者様におもねるあまり、歯科医師の側が弱腰になったり、あるいは変に気を使い過ぎるケースも見受けられます。患者様とお友達になることと、信頼関係を築くことはまったくの別物ですので、そこにはやはり医師としてのプライドが絶対に必要だと私は考えています。プロの立場から、医療として正しいことを患者様にきちんとお伝えすること、そしてその選択肢を増やすために日々勉強すること。これは私ひとりだけでなく、当院のスタッフ全員が心がけていることでもあります。

これから受診される患者様へ

このたび(2015年2月)、院内を大幅にリニューアルしました。実は開業してから13年の間に、こうした改装を何度も行ってきているわけですが、それもひとえに患者様に対してより良い治療環境をご提供させていただきたいがために他なりません。
とは言うものの、どんなに優れた設備や機器を導入したとしても、生かすも殺すも結局は、それを扱う人間次第。その意味でも、当院では各分野のスペシャリストたちが集結、そして日々研鑽を重ねるとともに、チームの力でもって質の高い診療を実践すべく鋭意努力しています。チーム医療によって、あらゆる症状に高いレベルで対応できる点が当院の強みでもありますので、どのようなことでもお気軽にご相談にいらしてください。少し硬い表現になりますが、患者様と共に、正しい医療の道を歩んでいきたいと思っています。

※上記記事は2015.2に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

吉野 晃 院長 MEMO

  • 出身地:東京
  • 趣味・特技:仕事
  • 好きな本もしくは作家:小熊英二
  • 好きな映画:ジュラシック・パーク
  • 好きな言葉もしくは座右の銘:人間的成長なくして技術の向上なし
  • 好きな音楽もしくはアーティスト:ヘヴィメタル
  • 好きな場所もしくは観光地:歯科医院

グラフで見る『吉野 晃 院長』のタイプ

エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート