北区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 獣医師(北区)―

佐山 豪 院長/しん中央動物病院(田端駅・犬)の院長紹介ページ

佐山 豪 院長

TAKESHI SAYAMA

寄り添える・頼れる・安心できる動物病院を目指す

北里大学獣医学部に進んで獣医師になりました。卒業後は日本獣医生命科学大学へ。研修医として全ての診療科目を経験するほか実習講師も務め、その後は都内の動物病院の医療主任・分院長として研鑽を積みました。また、動物看護師やトリマーなどを育成する中央動物専門学校の講師を10年以上にわたって続けているというご縁もあって、学校からほど近いこの場所に2014年8月『しん中央動物病院』を開業しました。

佐山 豪 院長

佐山 豪 院長

しん中央動物病院

北区/田端新町/田端駅

  • ●犬
  • ●猫

自分の力で誰かを治すことができたら

佐山 豪 院長

私は物心ついた頃から、手に職をつけたい、自分の力で誰かを治すことができたら、と考えていたんです。医師になることを目指した時期もあったのですが、実家でずっと犬を飼っていたこともあって、北里大学獣医学部に進んで獣医師になりました。青森県の豊かな自然のなかで学び、卒業後は日本獣医生命科学大学へ。研修医として全ての診療科目を経験するほか実習講師も務め、その後は都内の動物病院の医療主任・分院長として研鑽を積みました。また、動物看護師やトリマーなどを育成する中央動物専門学校の講師を10年以上にわたって続けているというご縁もあって、学校からほど近いこの場所に2014年8月『しん中央動物病院』を開業しました。

寄り添える・頼れる・安心できる動物病院を目指す

佐山 豪 院長

開業を決めた一番の理由は、来院する動物を「最初から最後まで看たい」という思いからでした。「真」であったり、「心」であったり、「信」であったり…、私が大切にしている「しん」という言葉を院名にし、寄り添える・頼れる・安心できる動物病院を目指しています。当院で対応可能な動物は、ワンちゃんとネコちゃん。もちろんこれまで他の小動物の診療にも携わって来たわけですが、私自身の手で「飼育」した経験がある、自信をもってプロフェッショナルな診療をご提供できる、という2つの理由からワンちゃんとネコちゃんを専門に診療しています。来院されるのは、北区にお住まいの方を中心に、荒川区、足立区、以前にご縁があった千葉県や茨城県の方からお見えになる飼い主さんもいらっしゃるんですよ。病院横には車5台分の駐車スペースをご用意していますので、遠方からも安心してご来院ください。また、当院ではとくに休診日を設けず、夜間診療にも可能な限り対応しています。とは言っても、もちろん私一人の力には限界がありますからね。同じく獣医師である妻や中央動物専門学校を卒業した優秀な動物看護師など、スタッフの協力を得ながらさまざまなニーズにお応えしたいと思っています。

当院ではそれぞれの子に1冊ずつファイルをお渡ししています

佐山 豪 院長

動物病院の患者さんは、話をすることができない動物たちです。飼い主さんには、今現在の症状や今後の治療法などをしっかりとご理解いただけるように、分かりやすく丁寧にお話するようにしています。そうしたご説明の一環として、当院ではそれぞれの子に1冊ずつファイルをお渡ししています。私のごあいさつや病院の紹介などから始まるファイルは、動物たちの健康状態や病気のこと、治療法についてのプリントやワクチン接種の履歴など、動物に関する情報を自由にファイリングしていただけるもの。このファイルを見れば、動物のことがひと目でわかる、というわけですね。飼い主さんに動物の病気について説明をすると時々、「ワンちゃんやネコちゃんでもそんな病気になるの?」と驚かれることがありますが、ワンちゃんやネコちゃんも私たちと同じ生き物です。病気についての理解を深めて、動物たちの健康管理をする。診察時の「言った・言わない」といったトラブルの防止のためにも、ぜひこのファイルをご活用いただきたいですね。

室内ドッグランや猫専用のプレイスペースも

開業前からペットホテルに対するニーズの高さを感じていましたが、動物たちをステンレスのゲージに入れっぱなしにするようなことは避けたいと思っていました。少しでも自宅に近い快適な環境を提供したい…、そんな思いから小さいながらも室内ドッグランや猫専用のプレイスペースを設けるほか、室温や衛生管理も徹底して行っています。病院内についても明るく開放的な雰囲気づくりを心がけていますが、一方で動物たちが外に飛び出すことのないように、エントランス部分を二重にするなどして安全面にも配慮しています。当院の目の前は交通量の多い、明治通り。交通事故にあってケガをした動物が運び込まれることもあるのですが、飼い主さんにはぜひ散歩中の動物の安全確保をお願いしたいですね。よく「首輪をすると可哀想」といった声を耳にしますが、何かあってからでは遅いのです。動物の力で首輪がスルッと抜けてしまうことのないよう、散歩の際は首輪をキツイくらいに締めてからお出かけください。
また、平成26年10月下旬頃からトリミングもご利用頂ける予定です。詳しくは、お気軽にお問い合わせ下さい。

私たちと同じような病気にかかる可能性も

人間と同じように動物たちの高齢化が進み、心臓病などを患う動物も増えてきました。ワンちゃんだから・ネコちゃんだから大丈夫だということはなく、私たちと同じような病気にかかる可能性もあるということです。辛い症状を自分から訴えることのできない動物たちの病気を早く見つけて治療してあげるためにも、日頃から動物たちの様子に気を配り、何か気にかかることがあればお気軽にご相談ください。皆様の期待にお応えできるよう、スタッフ一同最大限のサポートをさせていただきます。

※上記記事は2014.08に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

佐山 豪 院長 MEMO

  • 出身地:三重県
  • 趣味・特技:料理、サッカー、バレーボール、野球
  • 好きな本:獣医関連の雑誌
  • 好きな言葉:(真・心・信などの)しん
  • 好きな場所:東北

グラフで見る『佐山 豪 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

しん中央動物病院

北区/田端新町/田端駅

  • ●犬
  • ●猫
医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
街の人の
患者の
PR WEB
予約
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート