北区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(北区)―

増田 幹生 院長/共和堂医院(東十条駅・内科)の院長紹介ページ

増田 幹生 院長

MIKIO MASUDA

一期一会を胸に。1人ひとりの方と真摯に向き合い、その人にご満足いただける医療を

東京医科大学卒業。聖路加国際病院でレジデントを務め、国立がんセンター中央病院、聖路加国際病院で消化器内科と消化器内視鏡を研鑽。2005年に『共和堂医院』院長に就任(JR京浜東北線「東十条駅」から徒歩3分)。

増田 幹生 院長

増田 幹生 院長

共和堂医院

北区/東十条/東十条駅

  • ●内科
  • ●胃腸内科
  • ●消化器内科
  • ●内視鏡内科
  • ●皮膚科

何でも診れるお医者さんを目指して

増田 幹生 院長

『共和堂医院』は私の父が開設した医院です。当時は皮膚科を標榜していましたが、なにしろ昔の皮膚科ですので、風邪も診れば子供も診るという形で、皮膚科以外の患者さんも多く来院されていました。私はその父が仕事をする姿を見て育ち、この仕事を目指すようになっていったのです。
実際に医師となって思うのは、やはり、いい仕事だということです。一生懸命に働いて、それが感謝という形で返ってくる。それが何よりもありがたいやりがいになっています。
東京医科大学を卒業後は、聖路加国際病院でレジデントを務め、その後、国立がんセンター中央病院等で消化器と消化器内視鏡の研鑽に努めました。当時は今のような臨床研修医制度はなかったものですから、大学病院に身を置けば、基本的には専門の科のみを診ることになります。父を見ていたこともあったのでしょう、私は守備範囲の広い医者になりたかったものですから、当時としては珍しい研修医制度のあった聖路加国際病院で医師として最初の日々を過ごしたのです。
その甲斐あって、今では専門の消化器のみならず、循環器も診れば神経内科も診て、ある程度の手術もこなせるようになりました。その意味で、当初考えた通りの医者になれたということでしょうかね。

黎明期から電子カルテを使用

増田 幹生 院長

父から院長職を引き継いだのは2005年のことになりますが、それをさかのぼること15年ほど前からクリニックで診療を始め、電子カルテを導入しました。NECさんの「9801」をご存知でしょうか。民生用として初めて出されたコンピューターで、これを使って電子カルテを作ったのです。1989年から患者さんのカルテを打ち込むようになり、2008年になって現在使用している電子カルテに移行しました。確か、9千人を越えるくらいの数だったかと思いますが、中には、30年前からずっと見続けている方のデータも存在します。
紙の時代は、いずれ終わると思っていました。データの有効活用ということを考えれば、紙には限界がありますからね。電子カルテならば、患者さんを他科に紹介する際も、それまでの病歴や検査結果、お薬の内容などを網羅したデータを送ることも速やかにおこなえます。いずれこの情報は生きる。そう思ってやってきたことが、今、本当に生きたものになっています。

決して器用ではなかったことが今の技術を形作ったのかもしれない

増田 幹生 院長

内視鏡については、苦痛を出来るだけ取り除いた検査をおこなえるよう心掛けています。テクニカルな面はもちろんありますし、リラックスしていただけるよう、世間話をしながら検査をするのもその1つの方法です。大事なことは、向上心を持って取り組むということでしょうね。どうすれば痛くないのか。どうすればもっと楽に出来るのか。機械やテクニックを工夫することを絶えずおこなっていくことが上達の唯一の方法だと思います。
内視鏡検査の患者さんの中には同業者も多いですし、少なくない数の中高の同級生も検査を受けにきてくれます。みんなが口を揃えて言うのが、「すごい不器用だったお前がなんで?」ということ(笑)。ほんとに手先は不器用だったんですよね。その自覚があったからこそ、なんとか向上しようと思って試行錯誤してきたことで、今があるのだと思います。

高密度な診療の実現により、患者さんの満足度をアップ

可能な限り高密度な診療を突き詰めていきたいと思っています。診療時間は、限られています。1人に時間を掛けるのは簡単ですけど、その代わりに待ち時間が長くなることにもなります。結果、これまで診てきた患者さんを他所様にゆだねることになるわけで、そうならないために何が出来るかということを常に考えているということです。
たとえば、前もって準備することもそう。診察室で患者さんのお顔を見てから考えだすようでは遅いのです。検査を受けた方であれば、空いてる時間でデータを処理し、事前に何を伝えるべきかということを検討するようにしています。その準備が診療の密度を濃くし、満足度を高めることにもなるのです。
基本的に待ち時間というのは、余計な時間をちょうだいしているわけです。長く待つのが好きという方はまずいらっしゃらないわけですからね。それもこれも、混む時間帯を避けて来てくださる地元の方々の理解あってのことで、そのお心配りに報いれるよう、今後も精一杯力を尽くしていきたいと思っています。

これから受診される患者さんへ

人生に求めるものは、それぞれ違うと思うのです。極端な話ですけども、中には、大好きなお酒をやめてまで長生きしたくないという方もいらっしゃるでしょうし、とにかく長く生きたいという方もおられるでしょう。しかし、長く生きたいのに、誤った情報を鵜呑みにし、生活されるのは賢明とは言えません。今は情報過多の時代で、その中には間違った情報も多く含まれています。日々の診療はもとよりのこと、適切な情報提供を心掛け、その人が望む生き方をサポートしていけたらと思っています。

※上記記事は2018年3月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

増田 幹生 院長 MEMO

総合内科専門医 /消化器病専門医 /消化器内視鏡専門医

  • 出身地:東京都
  • 趣味:車
  • 好きな映画:『フォレスト・ガンプ/一期一会』『フィールド・オブ・ドリームス』
  • 座右の銘:一期一会
  • 好きなアーティスト:浜田省吾
  • 好きな観光地:京都

グラフで見る『増田 幹生 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート