北区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(北区)―

青柳 有司 副院長/青柳診療所(十条駅・内科)の院長紹介ページ

青柳 有司 副院長

YUJI AOYANAGI

2名のドクターが専門性の高い医療を提供
患者さん1人1人に寄り添い、地域医療に貢献する

昭和大学医学部を卒業後、同大学病院の消化器内科へ。大学病院や関連病院で経験を重ね、消化器病の指導医・専門医、内視鏡専門医の資格を取得。現在は『青柳診療所』で診療する傍ら、東京北医療センターでも内科部長を務めている。

青柳 有司 副院長

青柳 有司 副院長

青柳診療所

北区/上十条/十条駅

  • ●内科
  • ●胃腸内科
  • ●放射線科
  • ●内分泌内科
  • ●訪問診療
  • ●代謝内科
  • ●内視鏡内科
  • ●糖尿病内科
  • ●消化器内科

父の背中を追って医師になり、地域医療に貢献する

青柳 有司 副院長

『青柳診療所』は、今から60年ほど前の1958年に、私の父が開設しました。診療所と自宅が同じ場所にありましたので、私も小さな頃から父が診療する様子を目にしていたわけですね。そのため、「跡を継ぐ」といった明確な目標があったというよりも、ごく自然な流れで、父と同じ職業を志したという感じがします。
昭和大学医学部を卒業後、消化器内科で診療することを希望したのは、専門性の高い技術を身につけたいと考えたためでした。もともと内視鏡には興味を持っていましたし、内視鏡や超音波検査などのスキルを高めることによって、きっと将来たくさんの患者さんのお役に立てるはずだと思ったんですね。大学病院や関連病院などで経験を重ねて、現在は当院で診療するほかに、東京北医療センターでも外来入院診療および内視鏡検査を担当しています。

2名のドクターが在籍し、専門性の高い診療にも対応

青柳 有司 副院長

大学病院に在籍していた頃から、週に1度のペースで父の診療所を手伝っていたのですが、今は週の半分ほどはこちらで、残りの日は東京北医療センターで診療するというスタイルが続いています。勤務医として診療していても、「いつかは地元に貢献したい」という気持ちはずっとありました。ですから、同じ北区の赤羽に東京北医療センターが開設されると聞いて、思い切って医局を退くことにしたんです。その時からもう、14年あまり。愛着のある地元に根差して診療を続け、近隣にお住いの皆様の健康を見守ってきました。
当院では、風邪の治療や生活習慣病の管理などをする一般診療に加えて、父と私、2人の医師による専門性の高い診療をおこなっています。父の専門分野は放射線科で、胃の内視鏡検査や腹部の超音波検査などによって、病気の早期発見をめざします。一方、私の専門は消化器系の疾患で、胃カメラ・大腸カメラによる検査や治療をおこないます。こうした外来診療のほかに当院では在宅医療にも力を注いでいて、地域の中で連携を図りながら、患者さんお1人お1人をしっかりサポートしていきたいと考えています。

胃カメラ・大腸カメラ検査、各種検診によって、病気の早期発見をめざす

青柳 有司 副院長

来院される患者さんは、どちらかと言うとご高齢の方の割合が多いでしょうか。ただ、私の専門分野である胃腸の病気、とくに「機能性胃腸症」などにお悩みの方は、若い世代にもたくさんいらっしゃるように思います。やはり今の時代は、何かとストレスが多いですからね。デリケートな胃や腸に過度のストレスがかかることによって、検査結果には異常がみられなくても、「調子が悪い」と訴える患者さんが少なくありません。
こうしたケースについては、胃カメラ・大腸カメラ検査によって正確な診断から、適切な治療へとつなげることができます。また、今後は北区の胃がん検診も内視鏡へとシフトするようなので、ぜひ多くの方に受診していただきたいと思います。そのほか、北区では「胃がんハイリスク検診(ABC検診)」もおこなっているのですが、この検診では血液検査によってピロリ菌の有無を診断します。ピロリ菌に感染されている方は、胃がんを発症するリスクが高いことがわかっていますので、ご自分の状態を知るためにも、ぜひ一度検査を受けてみることをおすすめしたいと思います。

患者さんの小さな変化を見逃さず、お1人お1人に寄り添った診療を

診療の際には、「忙しくても丁寧に」「雑にならないように」と考えながら患者さんに接しているつもりです。時間の許す限り患者さんのお話に耳を傾けて、小さなサインを見落とさないようにしたいですね。長く通院されている患者さんなどは、「とくに変わりありません」とおっしゃることが多いのですが、その日の顔色や雰囲気をよく観察して、ちょっとした異変や症状を見逃さないようにと気をつけます。
また、患者さんすべてに同じ治療をするのではなく、お1人お1人にカスタマイズした治療法をご提案するというのも心がけていることです。たとえば、糖尿病をはじめとした慢性疾患の治療は、「継続していく」ことが何よりも大事です。食事はこれだけ、お酒はこれだけ、と厳格に指導してしまっては、患者さんに続けていただくことは難しいかもしれません。たしかに、食事療法も運動療法も大切なことなのですが、時には「この位ならいいですよ」といった、逃げ道を作ってさし上げて(笑)。患者さんが出来る範囲のご提案をしながら、症状が悪化することがないようにサポートしたいと思います。

これから受診される患者さんへ

『青柳診療所』は、JR「十条駅」北口から歩いて3分ほどの場所にあります。当院は、ちょっとした風邪や体調不良など、地域の皆様がお困りのときにご相談いただく「かかりつけ医」である一方、胃カメラ・大腸カメラ・超音波検査器などを備えて、専門性の高い診療をおこなっています。また、通院が難しい方に向けた訪問診療にも対応しておりますので、お気軽にご相談いただきたいと思います。

※上記記事は2017年10月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

青柳 有司 副院長 MEMO

  • 趣味・特技:ゴルフ、野球観戦
  • 好きな映画:アクション系
  • 好きな音楽やアーティスト:洋楽
  • 好きな言葉・座右の銘:七転八起
  • 好きな場所・観光地:沖縄

グラフで見る『青柳 有司 副院長』のタイプ

エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート