北区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 医師(北区)―

奥田 武志 院長/奥田クリニック(板橋駅・内科)の院長紹介ページ

奥田 武志 院長

TAKESHI OKUDA

地域のホームドクターとしてコミュニケーションを
大切にした人にやさしい医療を提供を

日本医科大学を卒業後、同大学病院の第一外科に籍を置きました。そちらでは主に消化器を扱うことになり、20年が経過する頃には胃を専門に診るようになっていきました。『奥田クリニック』は2008年に開院を迎えました。

奥田 武志 院長

奥田 武志 院長

奥田クリニック

北区/滝野川/板橋駅

  • ●内科
  • ●外科
  • ●消化器外科

機械から人へ。その先に現在が

奥田 武志 院長

40年ほど前、『知られざる世界』というドキュメンタリー番組がありました。そこで、早稲田大学理工学部が制作した義手が紹介されていたのです。現在の義手と比べられませんが、人の意志を感じて動くそれに感銘を受けまして、その世界へ進むことを考えていたことがありました。高校1、2年生の頃までは、「工学部、工学部」と言っていましたね(笑)。それが3年生になる頃には、段々と変化が生じてきて、この段階で医療というものが視野に入ってくるようになったのです。これには、母が病院の婦長をしていたことが関係したかもしれません。機械から人へ。その先に現在があるということですね。
日本医科大学を卒業後、同大学病院の第一外科に籍を置きました。そちらでは主に消化器を扱うことになり、20年が経過する頃には胃を専門に診るようになっていきました。『奥田クリニック』は2008年に開院を迎えました。これまで培ってきた経験を活かし、地域のホームドクターとして、コミュニケーションを大切にした、人にやさしい医療を提供していきたいと思っています(JR埼京線・板橋駅より徒歩2分、都営三田線・新板橋駅より徒歩6分)。

オリジナルの資料によって患者さんにご理解いただけるよう努めています

奥田 武志 院長

切り傷や熱傷等の処置も含めた外科に内科、消化器科を標榜しております。私の専門は消化器ということになりますが、実際に多いのは生活習慣病にまつわるお悩みですね。生活習慣病については、それまでの生活を見直していただくことが大切になってきますが、クリニックではオリジナルの資料によって患者さんにご理解いただけるよう努めています。
その一例をご紹介しますと、たとえば、都道府県別の死亡率を解析した資料があります。これによりますと、長野県が最も良く、青森県が芳しくないということになっていて、ではこの2つの県の違いがどこなるかということを患者さんに考えていただくのです。一見すると、青森県の方の塩分摂取量の多さが要因だと考えられるかもしれません。確かに青森県は全国で1位なのですが、実は長野県も全体で見れば4位と決して低くはない。じゃあ何が違うかといえば、それは野菜の摂取量の違いになります。長野県の方は実に1日350gの野菜を摂っておられるのです。そうした話をした後で、では推奨される350gの野菜がどの程度の量のものなのか、写真でお示しして、イメージが湧くようにお話を持っていきます。
生活習慣病は、いかに治療を継続していただくかが重要です。頸動脈エコーに代表されるような数値をお示しすると同時に、今の危険度がどの程度のものなのかということを把握していただく。他人ではなく、自分の身に起こっていることとして納得していただき、治療に取り組んでいただくということが大切になってきます。

最新のレーザー内視鏡の導入で早期のがんをいち早く発見することが可能に

奥田 武志 院長

本年度(2015年度)から北区でも胃がんのハイリスク検診が始まり、また、昨年の消化器病学会では、粘膜診断を推奨していくことが提起されるようになってきました。胃の粘膜には、がんができやすいタイプが存在します。たとえば鳥肌状粘膜というタイプでは、胃がんのリスクは正常のものと比べ、60倍に及ぶと言われています。この鳥肌状粘膜が、ピロリ菌によって作られると考えられているのです。
ピロリ菌の有無は、内視鏡によって調べることが可能であり、早期のがんを発見していくには、高性能の内視鏡が必須になってきます。この度、クリニックでは最新のレーザー内視鏡を導入致しました。解像度が高いのはもちろん、コントラストが明確で、早期のがんをいち早く発見することが可能になっています。

患者さんのバックグラウンドまでを診る

家族ぐるみということを想定していたわけではないのですが、ご家族でお見えになっている方々が多いですね。診療では大学ではあまり記憶にない、雑談もよく交わします。ご本人は一言も仰られなくても、ご家族の方から「最近お父さん、夜中に咳がずっと続いて…」という情報が入り、そこから治療に展開していくこともよくあることです。
患者さんのバックグラウンドまでを診るということは、大学ではなかなかできません。患者さんとより近い関係を作って診ていくということに充実感を感じています。ただ、話が毎回長くなってしまい、お待たせしてしまって申し訳ないのですが(苦笑)。

皆様に安心して任せていただける検査を実施していければと思っています

内視鏡検査は機器の性能はもちろんですが、その診断力が問われる分野です。私は日本消化器内視鏡学会の専門医であり、大学でも後進の指導に当たってきました。また、現在も大学から請われる形で健診センターでの内視鏡検査を担当しています。これまで積み重ねてきた経験をもとに、皆様に安心して任せていただける検査を実施していければと思っています。

専門以外のことであっても、何なりとご相談ください。当クリニックは様々な病院と連携をとっており、必要な場合はすみやかにご紹介をしています。身体のことで困ったことがおありでしたら、まずは相談していただきたいですね。

※上記記事は2015.8に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

奥田 武志 院長 MEMO

  • 出身地:岡山県
  • 趣味・特技:映画鑑賞、読書、山歩き
  • 好きな本もしくは愛読書:東野圭吾、重松清
  • 好きな映画:ブレードランナー
  • 座右の銘もしくは好きな言葉:鬼手仏心
  • 好きな音楽もしくは好きなアーティスト:J-POP、クラシック
  • 好きな場所もしくは好きな観光地:本屋さん、電気屋さん(家電量販店)

グラフで見る『奥田 武志 院長』のタイプ

エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート