北区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(北区)―

梅田 直宏 院長/クレア歯科・矯正歯科(赤羽駅・歯科)の院長紹介ページ

梅田 直宏 院長

NAOHIRO UMEDA

原因から解決していく根本的な治療

大学卒業後は、3つの歯科医院に勤務し、『クレア歯科・矯正歯科』は、2011年に開院を迎えました。

梅田 直宏 院長

梅田 直宏 院長

クレア歯科・矯正歯科

北区/赤羽/赤羽駅

  • ●歯科
  • ●矯正歯科
  • ●小児歯科
  • ●歯科口腔外科

小学生の頃、歯を折ってしまった

梅田 直宏 院長

小学生の頃、歯を折ってしまったんです。「小さい頃に被せ物をしてもよくならないから…」という理由でプラスチック状のものを代わりに入れてもらったんですけども、それがずっとコンプレックスになってしまって……。歯について、歯科というものに興味を持ち始めたのはそれからのことです。その後、高校生の終わりくらいに、ようやくまともな歯を入れてもらいました。「歯科医師になりたい」という思いはそれ以前から持っていましたが、自分の歯を治してもらってみると、「やっぱりこれかな」という確信のようなものを抱いたことを憶えています。実際歯科医師になってからは、ほぼ勉強浸けの日々を送りました。必要に迫られてというよりも、興味がどんどん湧いてきて、次から次という感じだったような気がします。
大学卒業後は、3つの歯科医院に勤務しました。最初のところでは、とにかく一通り出来るように、基礎を詰め込みました。次のところでは、入れ歯ですね。その時点では入れ歯についてわからないことだらけだったものですから、集中して研鑽を積みました。そして最後に矯正治療。当時から「全顎的に診ていかなければならない」という感触を得ていたものですから、その考えに従ってのことです。『クレア歯科・矯正歯科』は、2011年に開院を迎えました。「期待から感動へ」の理念の元、歯で悩む多くの方を救って差し上げることが出来ればと思っています。

対症療法ではなく、原因療法でありたい

梅田 直宏 院長

当院の治療は、対症療法ではなく、原因療法でありたいと考えています。つまり、悪くなったところを治すだけに終わらず、なぜ悪くなってしまったのかを考えていきたい、ということなのです。
銀歯が1つとれたことにも何らかの理由があります。虫歯なのか、噛み合わせなのか、はたまた歯ぎしりなのか。考えられる理由をすべて精査し、その過程で私が知りえた情報や知識は、治療期間を含めた具体的な治療計画書として患者さんにお出ししています。
もちろん、「痛いのをとって終わり」でも構いません(笑)。選択なさるのはあくまでも患者さんであり、その前提として、すべて情報を開示していくことが大事になります。患者さんが希望なされば、その先にある原因もまた治していきましょう、ということなのです。

精密入れ歯センターを設る

梅田 直宏 院長

入れ歯が合わない、痛い、という悩みをお持ちの方は、非常に多くいらっしゃいます。入れ歯が合ってないとすれば、当然、痛み等をお感じになるだけでなく、まず満足に噛めない状態にあります。そして「噛めない」ということは、全身の疾患に絡んでくる可能性をはらんでいる、ということなのです。たとえば、口腔機能と認知症に関係性があることは、昨今の研究で徐々に明らかになってきているところです。入れ歯を直すということには、日々の生活におけるQOLを向上させるとともに、将来における疾患のリスクを軽減する、という意味を持っています。ちょっとした違和感でも、入れ歯や差し歯でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

早期矯正治療によって、骨格の発達を上手く誘導

大人になってからの矯正治療で治せるのは、歯並びのみです。しかし、乳歯から永久歯へと入れ替わる子どもの場合、成長途上にあることから、骨格もコントロール出来る可能性が高くなります。骨格をコントロールすることのメリットは見た目の向上だけではありません。今の子ども達に多いのが、下のあごの発達が充分でないケースです。小顔の子ども達の多くは下のあごが後ろに下がっているものですから、気道が狭くなっている例を多く見受けます。気道が狭いといびきを発症する可能性が高くなり、そのいびきが高血圧や心筋梗塞、脳梗塞などの成人病を引き起こすリスクを高めてしまうのです。
大人になってからそれらを改善することは難しいものがあります。だからこそ、早期矯正治療によって、骨格の発達を上手く誘導していくことは様々な病気へのリスクを下げる効果にも繋がるのです。

フルマウスリコンストラクション=全顎的治療を今後も突き詰めていきたい

つい先日も、「口が開かない…」と駆け込んでいらした方がいました。開くのは指1本半くらい。明らかに、顎関節症に因るものでした。口が開かなくなるのは、ある日突然のことです。痛みは前々から感じているものの、その症状を我慢していると急に開かなくなってしまう。顎関節症はすべての歯科医院が診れるものではありませんから、お困りの方はなるべく早くご相談いただければと思います。
私どもは、フルマウスリコンストラクション=全顎的治療を今後も突き詰めていきたいと考えています。原因から解決していく根本的な治療。その理念が、患者さんの期待を越え、感動へと昇華していく。「期待から感動へ」を、皆様にご実感していただきたいと思っています。

※上記記事は2015.1に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

梅田 直宏 院長 MEMO

  • 出身地:石川県
  • 趣味:読書
  • 好きな本:人を動かす
  • 好きな映画:バック・トュー・ザ・フューチャー
  • 座右の銘もしくは好きな言葉:感謝
  • 好きな音楽:ブリティッシュ・ロック
  • 好きな場所:スキー場

グラフで見る『梅田 直宏 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube 病院徒歩ルート
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声