北区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(北区)―

有田 幸代 歯科医師/有田歯科医院(赤羽駅・歯科)の院長紹介ページ

有田 幸代 歯科医師

SACHIYO ARITA

“歯の治療をするために存在する歯科”ではなく
“歯を守り末永い健康を獲得するために存在する歯科”

有田 幸代 歯科医師

有田 幸代 歯科医師

有田歯科医院

北区/赤羽西/赤羽駅

  • ●歯科
  • ●矯正歯科
  • ●小児歯科
  • ●歯科口腔外科

歯科医師であった母の影響

有田 幸代 歯科医師

歯科医師になったきっかけは、歯科医師であった母の影響が大きいと思います。母が歯科医師として地域医療に携わるなか、私にとっても患者様との距離感は常に心地良いものでしたし、母が診てきた患者様お一人お一人を、私が引き継ぎたいと思うことはとても自然でした。大学病院での研修を終えたあと、当院での診療と並行して、口腔外科を専門とされる先生の元でも修行を積み技術を磨きました。
 私が所属する有田歯科医院は、昭和53年に現在の院長である私の母が赤羽駅前で開業しました。その後、現在の場所に移転し平成24年に全面改装を行い、より安全で専門性の高い歯科治療を患者様にご提供できるよう、最新の医療設備と衛生環境を整えました。また、長年通って頂いているご高齢の患者様や、お子様連れの方がベビーカーでも来院しやすいようにバリアフリー化を実現しています。

“見えない歯科治療から見える歯科治療“へ進化させる

有田 幸代 歯科医師

やはり一番の特徴は、歯科医師として、母、私の兄、私の三名が治療にあたっていることですね。兄は小児歯科の専門医でもあり、それぞれの得意分野を活かして、小さなお子様から成人、ご高齢の患者様まで通える歯科医院となっています。また、創業37年と歴史があり、現在では四世代でいらっしゃる患者様もいるくらいです。
 そして当院では、外科手術はもちろん、例えば、“虫歯を削る“、“親知らずを抜く“ということも、患者様にとっては一大事であると考えています。そのような治療を、気持ちの通じる関係のなかで行って頂けるよう、症状の原因究明や治療方法の説明を重要視しています。また、患者様に治療方法を選択して頂けるよう、スタッフ一同、わかりやすい説明を心がけ、日々それぞれの技術向上に努めています。
 私は主に成人の治療を担当しています。虫歯や歯周病をはじめ外科手術まで、マイクロスコープや拡大鏡を用いて精密かつ審美的な治療を行っています。 歯科口腔外科の一例として、歯の喪失後に対する治療に、親知らずの抜歯の技術を応用した“自家歯牙移植“という方法があります。義歯、インプラント治療なども選択できますが、「自分の親知らずを利用する方法がある」ということを患者様にご提案すると驚かれる方もいて、まだまだ知られていない歯科の技術を、選択肢としてご提案できることに誇りを感じます。
 設備面ではCTとマイクロスコープを導入し、“見えない歯科治療から見える歯科治療“へ進化させることで、治療方法の説明や治療結果をよりわかりやすく伝え、患者様により具体的な安心と満足を感じて頂けるように努めています。衛生環境としては、欧州基準の滅菌器を導入し、機械に通す空気や水には特にこだわりを持っています。
 当院ではこのように、より安全で専門性の高い歯科治療が受けられる体制・設備が整っています。一般歯科、小児歯科、矯正歯科、歯科口腔外科など、それぞれの専門家による視点で患者様をお迎えし、お一人お一人にオーダーメイドの歯科治療をご提供しています。

早期に歪みの原因を見つけ出すことが小児矯正の利点

有田 幸代 歯科医師

お子様の成長期に歯科医師が関わることで、顎の骨の成長をコントロールして、永久歯の抜歯を伴う矯正治療や長期間の本格的な矯正を避けることに繋がりますね。お子様の健康な歯の発育とは、顎の骨のすこやかな成長に合わせて進行します。したがって、顎の成長が間違った方向に進んでしまったり、顎の成長が不十分になってしまうことで、噛み合わせや歯並びの歪みが生じます。そうした問題をおこさないために、歪みがおこる前から顎の骨の成長をコントロールしたり、早期に歪みの原因を見つけ出すことが小児矯正の利点としてあげられます。
 噛み合わせや歯並びの歪みは、お子様のお顔つきや、呼吸、姿勢、話し方、食生活にまで影響を及ぼす重大な問題となりえます。さらに深刻な場合は、十分な酸素や栄養が脳に行き渡らなくなり、集中力の低下や精神的な不安定が生じることもあります。単純に見た目だけの問題であれば、「しばらく様子を見ましょう」ということも選択肢の一つかもしれません。しかし、ことが全身に及ぶとすれば、できる限り早い段階での適切な治療が肝要です。三歳を過ぎ、「歯がそろそろ並んできたかな...」という段階で、ぜひ一度、専門家の診察を受けてみてはいかがでしょうか。成長期という大切な時期に関わっているという責任を持ち、ベストな選択肢をご提案させて頂きます。

歯科医師の視点から情報発信を

お子様の健康な歯を育てるために、“食べる“ということにフォーカスを当てた取り組みを行っています。その一つの試みとして、定期的に発行している院内新聞に、お子様を対象として“様々な食材を食べられるようになるレシピ“のご紹介を始めました。こちらのメニューは栄養士の監修のもと、私たち歯科医師も意見を出し合い、試食を重ねてできあがったものです。 以前と比べ、顎の成長が不十分なお子様が顕著に見られるようになってきました。そのようなお子様の歯並びを例えて言えば、二人掛けの椅子に三人が座っているような状態です。今後、“多くのお子様が歯科矯正をしなければいけない時代“となるのは、全く好ましいことではないと考えています。健全な顎や歯の発育を促すために、幼い頃から“固さの異なる様々な食材を好き嫌いせずに食べる“ことができるよう、歯科医師の視点から情報発信を行っています。

日頃から“早期発見・早期治療”の意識を皆様に持って頂きたい

“痛い”という症状が出てしまってからでは、歯を削る量が多くなりますし、神経にまで及ぶ治療を行うケースが増えてしまいます。神経に影響すると、どうしても歯そのものの寿命が短くなってしまい、さらには健康を害することにも繋がります。それらを防ぐためにも、ぜひ日頃から“早期発見・早期治療”の意識を皆様に持って頂きたいと思います。
 そして、従来の“歯の治療をするために存在する歯科”ではなく、“歯を守り末永い健康を獲得するために存在する歯科”という意識を私自身がより強く持っていたいですね。 これからも「ここで、この人で、治療を受けたい」と思って頂ける歯科医院を目指します。

※上記記事は2015.4に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

有田 幸代 歯科医師 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味・特技:剣道・三味線・英会話
  • 愛読書:歯科専門書
  • 好きな映画:スタジオジブリ作品、”レナードの朝“
  • 座右の銘:医は仁術なり 仁愛の心を本とし、人を救うを以て志とすべし
  • 好きな音楽:箏曲”六段の調べ“三味線バージョン
  • 好きな場所:ヨセミテ国立公園

グラフで見る『有田 幸代 歯科医師』のタイプ

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube 病院徒歩ルート
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声