北区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(北区)―

田原 昌宜 院長/マーガレット歯科クリニック(王子駅・歯科)の院長紹介ページ

田原 昌宜 院長

MASAYOSHI TABARU

その人にとって最善の方法を導いていく

九州歯科大学を卒業後、三井記念病院歯科口腔外科に籍を置きました。三井記念病院歯科口腔外科では病棟管理を主に担当し、その後2009年に『マーガレット歯科クリニック』をこの地に開設致しました。

田原 昌宜 院長

田原 昌宜 院長

マーガレット歯科クリニック

北区/豊島/王子駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科
  • ●歯科口腔外科

物心ついた頃には、医療の世界を目指すと考えていた

田原 昌宜 院長

実を言いますと、あまり記憶がなく、物心ついた頃には、医療の世界を目指すと考えていたのです。強いて挙げるとすると、小児喘息で通院していたことが関係してるかもしれません。それとて、最後に発作が起きたのは小学校の低学年だったと聞いていますから、それが直接のきっかけになるかというと、それもどうでしょう。今振り返りますと、そうした記憶がどこかしらに残っていて、進路に影響していったというところでしょうね。
九州歯科大学を卒業後、三井記念病院歯科口腔外科に籍を置きました。私はもともと埼玉出身ですので、まずはこちらに戻ってくるということと、あとは開業医をする上で基点となる病院の必要性を感じてのことでした。やはり、自分の手に負えない症例は必ずあるわけですから、それに対応できる体制を整えたかったのです。三井記念病院では病棟管理を主に担当し、薬の知識や、病気の見極めという部分で多くのものを得たと思っています。
2009年に『マーガレット歯科クリニック』をこの地に開設致しました。ここはもともと大学の先輩が分院を構えてらした場所で、そちらを引き継ぎ、独立したという次第です(JR京浜東北線/東京メトロ南北線・王子駅より徒歩8分)。

その人にとって最善の方法を導いていくことが、歯科医師の役割

田原 昌宜 院長

当たり前のことを当たり前に。特別なことをするのではなく、当たり前のことを丁寧にと考えています。その上で、診療をしていて常に思っていることは、やはり、患者さんの話をよく聞くということ。患者さんのニーズを汲み取り、それに沿う形で自分に出来ることをおこなっていく。もちろん、そのニーズが自分の範疇を越えていれば、良い先生を紹介していくことも視野に入れなければなりません。
私は街の歯医者さんですから、自ずと限界はあるわけです。全てをやろうとするのは無理な話で、その分野で私より上手な先生がいらっしゃれば、紹介することが賢明ではないでしょうか。クリニックでは矯正は専門医の先生にご紹介しており、外科であれば、三井記念病院ということになります。たとえば、急性の炎症で頬が腫れてしまった場合、炎症が著しいと内服薬では用を為しません。その場合、一度病院で点滴によって炎症を治めてもらい、あらためてこちらで治療に移っていくという連携をとっています。その人にとって最善の方法を導いていくことが、歯科医師の役割だと私は思っています。

削るのは最後の手段として、その前に出来ることを

田原 昌宜 院長

私が院長として就任する以前より、クリニックは予防歯科を中心とした治療を手掛けてきており、その方針を引き継いでいきたいと考えています。
虫歯ほど病気の理論が確立された疾患も多くはないかもしれません。必ず、こうこうこうだから虫歯になるということがわかっていますので、まずはそのメカニズムを患者さんに説明していきます。それから食事の内容について、そして、お子さんの歯並びが悪くなる理由についてなど、話は広がっていきます。
すべてがそうというわけではありませんが、子どもの歯並びが悪くなるのは、飲み込み方に原因が求められることもあるのです。歯は削ってしまえば、取り返しがつかないものです。削るのは最後の手段として、その前に出来ることをおこない、アドバイスを差し上げるのも私たちの重要な役割と心得ています。

お口の中がきれいであれば、人は元気に年をとっていける

お子さんの歯並びの改善と、あとは、健康寿命に貢献することです。健康寿命とは、誰の手も借りず、楽しく生活できる寿命を指します。日本では、その健康寿命と、平均寿命との差に、10歳程度の開きがあります。
昨今、お口の中のバイオフィルムと呼ばれる細菌層が、糖尿病や動脈硬化を悪化させたり、早産の原因となることがわかってきました。これはつまり、お口の健康を守れば、大きな疾患を防ぐことが出来るということの証拠でもあるでしょう。噛めて、お口の中がきれいであれば、人は元気に年をとっていける。歯科医師として、皆さんの健康に少しでも寄与していければと思っています。

お口の健康のプロとして、皆さんに適切な道筋をつけられる歯科医師でありたい

どうぞお気軽にご相談ください。そのお悩みが私に解決できることであれば責任を持って私が尽力し、もし、よりベターな方法があるのであれば、私から専門の先生にご紹介します。お口の健康のプロとして、皆さんに適切な道筋をつけられる歯科医師でありたいと思っています。

※上記記事は2015.8に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

田原 昌宜 院長 MEMO

  • 出身地:埼玉県
  • 趣味・特技:ランニング
  • 好きな作家:司馬遼太郎
  • 好きな映画:ハッピーエンドな作品
  • 座右の銘もしくは好きな言葉:前へ(北島忠治 明治大学ラグビー部元監督)
  • 好きなアーティスト:秦基博
  • 好きな場所もしくは好きな観光地:浅草、隅田川沿い

グラフで見る『田原 昌宜 院長』のタイプ

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube 病院徒歩ルート
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声