北区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(北区)―

助川 裕亮 院長/赤羽すけがわ歯科(赤羽駅・歯科)の院長紹介ページ

助川 裕亮 院長

YUSUKE SUKEGAWA

「痛い・恐い」ではなく、
「また来たい」と思っていただける場所に

鶴見大学歯学部卒業。小平市、横浜市の歯科医院に長らく勤務し、2017年に『赤羽すけがわ歯科』を開設(JR京浜東北線・埼京線・湘南新宿ライン「赤羽駅」より徒歩7分)。

助川 裕亮 院長

助川 裕亮 院長

赤羽すけがわ歯科

北区/赤羽/赤羽駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科
  • ●歯科口腔外科
  • ●矯正歯科

祖父の思い出から始まったこの道

助川 裕亮 院長

友人の大多数が文系だったものですから、最初は文系に志望届けを提出しました。歯医者さんだった祖父のことが頭をよぎったのはその日の夜のことです。自宅近くで開業していたこともあって、祖父の元にはよく遊びにいっていました。なんとなく、その様がカッコイイと思っていましたし、患者さんから「ありがとう」と声を掛けられているのがとても好ましいことに思えたんですね。文系から理系に変更をお願いしたのは、その夜が明けた次の日でした。自分が何をしたいか考えたのは、その時が初めてだったかもしれません。
大学卒業後は予防歯科に注力されている歯科医院に3年半勤務し、その後、神奈川県内のクリニックに10年勤めました。短いスパンでさまざまな医院を見るのも勉強になるかと思います。ですが私としては、自分の治療の結果を5年、10年という周期で見届けたいという希望がありました。開業前に、とてもいい勉強が出来たと思っています。

実は赤羽という土地は、開業地を探す中で初めて降りた場所でした。私は、医師と患者さんというより、人と人のつながりを大事にしたかかわり合いをしていきたいと思っています。にぎわう商店街があり、人々の生活が直に感じられる場所。駅を降りた瞬間、「あ、ここだ」と思ったんです。

患者さんに安心を提供することをまず考えて

助川 裕亮 院長

保険診療を軸としていきたいと思っています。自費診療を否定するわけではありません。情報提供はさせていただきますし、話し合いをしていく中で患者さんが望まれるなら、その意に沿っていきたいと考えています。ただ、患者さんの希望がそこにないのに、歯科医師の側の自己満足におちいらないようにしたいと思いますし、費用的な心配を出来るだけ抑えられるようにしたいのです。
保険の範囲においてより完成度の高い治療を目指し、長いお付き合いの中で患者さんの希望に沿って治療をおこなっていく。街の歯医者さんとして、それは決して間違ってないと考えています。

お口の健康と若々しさを保っていただけるように

助川 裕亮 院長

全般的に診ていきたいと思っていますが、中で力を入れるとなると、予防歯科ということになります。当院ではクリーニングやプラークコントロールにしっかり時間をおとりし、患者さんのお口の中の状態を良好に保っていけるようにしていきたいと考えています。
お口の中の環境を守るためには、まずご自身のことを知っていただくことが大切です。口腔内カメラはその役に立つものと思っています。たとえば、自分の奥歯をしっかり見る機会というのは限られていると思うんですね。写真を見れば一目瞭然となりますし、中には、「こんなところに銀歯が入っていたんだ…」と驚く方もいらっしゃいます。また、痛くも痒くもないのに、「本当に虫歯かな?」と疑問に思われることもあろうとかと思います。その際、レントゲンに加えて写真をお見せすることで、視覚で納得して治療に入れるということもあると思うんですね。

また、こちらは自費診療という扱いになりますが、予防歯科の範疇としての矯正治療にも今後目を向けていきたいと思っています。最近のお子さんで、歯がきれいに並んでる子はほぼいないといっていいでしょう。これは食生活の変化による影響だと思いますが、アゴが小さくなっていることによって歯が収まらないことから起きている現象と思われます。大人になってからの病気のリスクを抑えるという意味でも、歯並びを良くしていくアドバイスはさせていただければと思いますね。

「この人なら任せられる」と思っていただけるように

当院は段差や傾斜(スロープ)のない完全バリアフリー仕様になっていますので、ご高齢の方やベビーカーを使われている小さなお子さん連れのお母様も安心していらしていただけたらと思います。また、木の温もりが感じられる院内は、待合室から診療室までちょっとしたオープンスタイルを採用しています。あえて声が届く形にしたことで、たとえばお子さんを治療している際も、お母様に安心を感じていただきたいのです。
誤解を恐れずに言わせていただくなら、患者さんが安心を感じるかどうかは、治療の腕だけではないと考えています。むろん、技術は必要です。ですが、「ここに来て良かった…」と思っていただくには、治療を越えた人と人の付き合いが出来るかどうかに掛かっていると思っています。当院では常に笑顔を忘れず、歯科医師と患者さんという枠を越えて、人と人としての関係性を深めていきます。私は“たれ目”なものですから、怒られている時も「何で笑ってるんだ!」とお叱りを受けたものですが、今となってはそれが力になるとも感じています(笑)。笑顔で患者さんをお迎えし、笑顔で帰っていただけるようにしたいですね。

これから受診される患者さんへ

『赤羽すけがわ歯科』では24時間ネット予約が可能です。割り合いとしてはお電話でのお問い合わせが大多数ですが、お仕事の都合等で電話をしたくてもその時間に出来ないという方もいらっしゃると思うんですね。ネット予約で、そういった方の利便性も高めていけたらと思っています。
お口の病気は、我慢していれば治ってしまう性質のものではありません。ですから、痛くなる前からのケアを心掛け、良いお口の状態を一緒に守っていきましょう。そして繰り返しになりますが、私は患者さんとの縁を大切にしていきたいと思っています。「また来たい」と思っていただける歯医者さんであり、そういう場所にしていきたいですね。

※上記記事は2017年12月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

助川 裕亮 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味:走ること
  • 好きな作家:東野圭吾
  • 好きな映画:ハリー・ポッター
  • 好きな言葉:「有限な人生を無限に楽しく」
  • 好きな音楽:ヒップホップ
  • 好きな観光地:熱海

グラフで見る『助川 裕亮 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート